単身引越しパック

私の単身引越しパック体験談

 

1回目は、同市内での単身引越しで荷物も少なめだったため、距離や作業時間で料金が決まる赤帽を使いました。

 

荷物は、収納家具と衣類のみでした。

 

トラック1台に積める範囲であれば、家具の大きさや荷物の量は料金に関係なく運んでもらえるので、比較的近距離の単身引越しパックであれば、コストパフォーマンスは良いと思います。

 

良かった点は、家具を丁寧に扱っていただけたこと、料金がすごく安かったことです。

 

当時、学生だったので、料金的には大変助かりました。

 

目立ったトラブルもなく、運送のおじさんも良い雰囲気の人で、初めての単身引越しにはちょうど良かった印象です。

 

2回目は、遠距離の上に家電も増えて荷物が多かったため、比較的安価な単身引越しパックを扱っているクロネコヤマトを使いました。

 

良かった点は、大手運送会社というブランドの安心感があることぐらいです。

 

ちょうど繁忙期だったため、荷物の到着時刻が遅れて問い合わせを何度かしました。

 

配達の人の一人がとても若い人で、挨拶もほとんどなしに運ぶだけで、クロネコヤマトにもこういう愛想のない人がいるんだと驚きました。

 

荷物の扱いもちょっと雑な印象を受け、家具の一部が黒く汚れていたことや、料金も結局ウェブ上の見積もりよりも高くなってしまったのがマイナス点でした。

 

周囲ではアート引越センターを使っている人が多いです。

 

社員教育がしっかりしてるようで、作業員とのトラブルもあまり無いとか。

 

希望を出せば女性の方に来て貰えるなど配慮してくれるらしいので、初めての引越しや女性の方には良さそうです。

 

また、金額も思ったより安くしてくれるらしいので次はアート引越センターで見積もりを頼んでみようと思っています。

 

 

↓↓ アート引越センター単身引越しの詳細はこちらから ↓↓

アート引越センターで引っ越しました(単身引越し)

 

やりがいを感じられる赤帽の単身パック

 

赤帽引越しサービスの単身パックを使いました。

 

私がまず良かったと思う点は親しみやすかったということです。

 

引越し業者の方は忙しそうだと思っていたのでせっかちな人なのかと思っていましたが会ってみたら話しやすくて全く気まずい雰囲気になりませんでした。

 

困ったこと、大変だったこともあります。

 

それは手伝いをしたことです。

 

二階からタンスをおろすのを手伝ったりととても大変だったことを今でも覚えています。

 

引っ越す場所は二階のマンションでしたのでまた、とても苦労をしました。

 

しかし、終わってみたら部屋がきれいに片付いておりすっきりした気持ちになりました。

 

引越しという体験をしましたが意外ときつく大変でした。

 

しかし片付いたときはとてもいい達成感を味わうことができました。

 

とてもいい体験でした。

 

 

 

単身引越しパック使い比べ談

私が利用した場合のこつや、豆知識ですが引越しにはある程度の体力が必要だと思います。

 

手伝わなくていい業者ももちろんあると思いますが私が利用した業者の場合は体力が必要です。

 

しかし、終わった時の達成感はとても気持ちいいです。

 

コツというかわかりませんが新しい部屋に冷蔵庫など大きな荷物を運びこんだ時にはある程度どこに置くかなどを決めておくと部屋の全体像が見えてきますし、スムーズに作業を行うことができます。

 

私はあらかじめ部屋を見ておいて何をどこにおこうかだいたいは決めていたので作業が短時間で終わることができました。

 

引越しも人と人の付き合いなので業者の方と話し合いながら進めていくことが大事になってくると思います。

 

アリさんマークの引越社・単身パックで引越し

 

引越し作業自体に問題は無かったのですが…

 

アリさんマークの引越社の単身パックで引越しをしました。

 

見積時、他社と比較して価格が良心的で、営業の方の説明も明瞭でしたので、契約しました。

 

しかし引越当日、19:00までに搬出開始だったにも関わらず、19:40まで連絡もなく、作業の方に来ていただけなかったため、手違いがあったのかと大変不安でした。

 

営業の方に電話連絡を入れたところ、前のお客様の搬出が長引いているため、仕方がないんです。

 

申し訳ないがが待ってください。

 

という回答でした。

 

こちらにも予定がありますので、そのようなことがあるならば、見積もり時に注意事項として教えていただきたかったと思います。

 

結局、来る予定だった作業の方は、前のお客様が終わらないため来られず、急遽、近くで早めに作業が終わったという、別の方々が搬出に駆けつけるという形で、40分遅れで作業が開始されました。

 

その方たちは、丁重に時刻の遅れを詫びてくれた上、大変素早く、かつ梱包も丁寧に行って下さいましたので、実際の引っ越し作業については、大変満足しております。

 

 

引越し金額を値下げさせるコツ

 

3月末ー4月上旬の引っ越しでしたが、数社で見積もりを取ったところ、最大13万円の差が出ました。

 

運送方法の違いにもよりますが、同じ運送方法でも、業者によって、8万円ほど違いがありました。

 

数社見積もりをとることを強くおすすめします。

 

また、私の場合はどうしても日程をずらせなかったのですが、時期によって金額が思わぬ安価になるようです。

 

安くならないものか、営業の方に思いきって聞いてみると、どの業者さんでもまず言われるのが、2月や5月にずらせないかという提案でした。

 

引越シーズンを外すこと、土日より平日にすること、動きやすい時間より中途半端な時間にすること、他のお客さんとの合同トラックにすることが、安くなるポイントなようです。

 

 

 

サカイで手早い引越しをして貰えて助かりました

 

 

見積もりなしでお願いしましたが、CMのイメージ通り丁寧でスピーディーな対応でした。

 

近距離間(数キロ)での引越だったので自分たちで運べそうなクローゼットの中の衣類などは荷造りしていなかったのですが、作業してくださった方のご厚意でハンガーにかけたままで運べる専用のケースに入れて他の荷物と一緒に運んで頂きました。

 

衣類以外にも時間が取れず荷造りできなかった本などがあったのですが、それらも「スペースも時間もあるので載せますよ。」

 

と言って手伝ってくださり大変助かりました。

 

新居に着いてから洗濯機を設置する時にホースが劣化で裂けてしまったのですが、それに対しても水が漏れないようにと何重にもテープを巻いて応急処置してくださり好感が持てました。

 

 

 

引越しを依頼する時に注意するポイント

 

新居を契約した不動産会社の代理店などが提携している引越業者を利用すると、割引や特典などが受けられる場合があります。

 

全国展開している大手の業者よりも地域密着型の業者の方が価格・対応ともに良かったりします。

 

また段ボールを処理する際、自治体によっては収集が月に一度しかなく置き場所に困ることもあるので、ゴミが少なくて済むエコプランがある業者や段ボールを引き取ってくれる業者を利用すると良いと思います。

 

業者によっては引越当日ご近所の家に挨拶をしてくれる業者もあるので、価格だけ比較するのではなく利用者の口コミなどで選ぶのも良いかもしれません。

 

今は見積りするとプレゼントをくれる業者が多いので、とりあえず見積りを取ってみるのも良いかと思います。